株式会社PTI - 航空・宇宙分野で培った技術と実績で幅広く事業を展開しています –

Veritrek™

Veritrek™

ThermalDesktop®解析コストの削減ソリューション

Veritrek™はThermalDesktop®のエキスパートユーザが
開発したThermalDesktopモデルのシミュレーション支援
ツールです。
大規模な熱数学モデルを計算負荷の小さい縮退モデル(Reduced-Order Model, ROM)に変換し、多数の感度計
算を効率的に実行することができます。
計算時間はシミュレーション数に比例して増えるのが
常ですが、Veritrekを使えば、画面上のマウス操作で
パラメータを変更するだけで結果を瞬時に得られます。
その結果をThermalDesktopに反映してモデリングの確認をしてください。設計の検証と最適化が非常にシンプルで手軽になりますので、工程の大幅な短縮とコストの削減が期待できます。

縮退モデル(ROM)とは

ROMとは、膨大なサンプリングと効果的なデータフィッティングに基づいて、オリジナルの熱数学モデルの特徴(電力量など入力に対するノード温度など出力のレスポンス)を忠実に再現した軽快な代替モデルです。精度の高いROMはLoadPath社の経験豊富なエンジニアが有償サービスとして提供しますが、今後の機能改修によりユーザ自身でROM作成を行うことができる環境を提供する予定です。(2018年予定)
ROM変換作業についての詳細は別途ご相談下さい。

ROM生成に用いるサンプリングとデータフィッティング

最適化ラテン超方格法で設計空間を均一にサンプリングします。サンプリングで得られたデータ点群を、形状が未知のデータにも広範囲で対応できるガウス過程回帰を用いて近似します。

Veritrek Exploration Toolで行うパラメータ解析

Veritrek Exploration ToolはROMを解析する専用アプリケーションです。ThermalDesktopを熟知していなくても直感的な操作で次の5種類の解析を実行できます。

■ Point Analysis

入力値(軌道、電力など)に対する出力値(温度など)の応答をスプレッドシートで瞬時に確認できる、最もシンプルな解析です。複数の解析ケースを同時に表示することもできます。

 

■ Factor Sweep Analysis ■ Surface Plot Analysis

Factor Sweep Analysisは設計の初期段階で有効な解析です。1つの入力値レンジに対して、同時に2つまで出力値の応答プロファイルを線グラフで表示します。もちろん複数の解析セットを同時に解析することも可能です。
一方、Surface Plot Analysisは、2つの入力値レンジに対する出力値1つの応答プロファイルを3Dグラフ(右図)で表示します。設計過程の中期に効果を発揮するでしょう。

 

■ Screening Analysis

どの入力値が出力値に対して最も影響を及ぼすのか、相対的な重要度を調べることができます。入力値は最大・最小値およびノーマル値を指定し、影響を調べる出力値は2つまで、影響の大きい順にバーグラフで表示されます。複数の解析セットを同時に比較することも可能です。

 

■ Optimization Analysis

レンジを設定した入力値をモンテカルロ法でランダムに選択し、対する出力値を散布図にプロットします。ものの数秒で何千ものシミュレーションに匹敵する結果を得られます。設計工程の後半に行うモデルの検証に大いに活躍するでしょう。

PAGETOP

Copyright ©  PTI CO.,LTD. All rights reserved.