株式会社PTI - 航空・宇宙分野で培った技術と実績で幅広く事業を展開しています –

Thermal Desktop

Thermal Desktop®

CADベースモデルビルダー

PC/CAD-based thermal model builder

 
AutoCAD®ベースで動作する3次元熱数学モデルビルダー。AutoCAD®のもつ充実したGUI機能と直感的な操作性で、容易に熱数学モデルが構築できます。モデル化の機能には接触熱抵抗の自動計算機能や多層断熱材(MLI)、ヒーターなどの熱制御特有の要素も含まれており、電子機器単体から宇宙機システムまで多様なモデルの作成が可能です。材料物性データベースはユーザにより容易に作成可能で、温度依存性や角度依存性、異方性伝導率といった特異な性質も設定できます。熱数学モデルは有限差分法(FDM)を用いており、熱容量とコンダクタンスの熱ネットワークモデルを自動生成してSINDA/Fに受け渡します。また、解析処理はケースセットマネージャ機能により、伝導コンダクタンスや輻射結合の計算※1から、1次元熱流体ネットワークモデルの生成※2、SINDA/Fの実行、そしてポスト処理まで複数のタスクをユーザが選択してシーケンシャルに実行することができます。ポスト機能は予測温度や熱容量、ヒートレートを数値で表示する以外にも、コンター表示やプロット表示、アニメーション表示など多彩な機能を備えております。

アドバンス機能としてSINDA/Fと組み合わせることで自動最適化計算が可能となります。モデルに予め組み入れた様々な変数をパラメータにし、ユーザ指定の設計値に従って最適解を導き、設計者が望む最適なパラメータの組み合わせを短時間で効率的に求めることができます。
以下のように他のツールとの互換性も高いため既存のデータを無駄にすることはなく、またプロジェクト間の情報交換も容易に行えます。

Import
 TRASYS、TSS、NEVADATM、I-deas® FEM
 FEMAP®、NASTRAN®、ANSYS®
Export(温度マッピングデータ)
 NASTRAN®、ANSYS®

※1:オプションの輻射計算モジュールのRadCAD®
※2:1次元流体解析モジュールのFloCAD®

システム要件
  • OS Windows 7, 8, 10(64 bit)
  • AutoCAD®
          Windows 7, 8の場合:2013~2018
          Windows 10の場合:2015~2018

  • SINDA/FLUINT(解析ソルバーとして)
  • メモリ 8GB
  • 画面解像度 1024×768 minimum, 1280×1024 以上推奨
PAGETOP

Copyright ©  PTI CO.,LTD. All rights reserved.